発見編「食べていないのに血糖値が上がるなんて!?」

FOOD ACADEMIA 
第5回「食後高血糖を防ぐには?」

発見編 食べていないのに血糖値が上がるなんて!?

こんにちは。永井です。前回の「学び編」でお伝えしていましたように、「発見編」「実践編」は、大学院生のゆみさんが担当します。では、ゆみさん、よろしくお願いします。

みなさま、はじめまして。第5回の発見編を担当する兵庫県立大学永井研究室の高山祐美と申します。普段は病院で管理栄養士をしている社会人院生です。今回は、管理栄養士が実際に経験する「食後高血糖あるある」を患者さん(架空の人物)との会話形式でご紹介します。さてさて、どんな発見があるのでしょうか?

管理栄養士 ゆみ先生と患者Bさんの会話

Bさん
こんにちは・・・。(暗い表情)
ゆみ先生
こんにちは。どうかされましたか?
Bさん
さっきの診察で、主治医の先生に「血糖コントロールが悪くなってますね」って言われて・・・。自分なりに食事管理を頑張ったから絶対に良くなっていると期待してたのに、も~超ショックですよ。
ゆみ先生
頑張っても結果がでないと、がっかりしますよね。どんなお食事をされていたのか、見せていただいてもよろしいですか?

Bさん:(手帳を広げる)

Bさん
これです(食事記録を見せる)(図1)
図1 患者さんの食事記録(一部)
ゆみ先生
こうして毎日記録されるなんて、Bさんは努力家ですね。
とくに、どのような点に気をつけられたのですか?
Bさん
血糖値を下げるには、とにかく食べないことが一番だと思って、思い切り食べる量を減らしたんです。食事の回数も少ないほうがいいだろうってことで、ちょくちょく朝食も抜きました。
これだけ食べていないのに、血糖値がピリっとも下がってないなんて、おかしくないですか~?
ゆみ先生
まぁ。ずいぶん我慢されたんですね。これだけ頑張れるのでしたら、やり方さえ間違えなければ、次はいい結果が出るかもしれませんよ。
Bさん
やり方さえ間違えなければ、って、糖尿病って食べ過ぎが原因なんでしょう?私はおなかが鳴って眠れない夜も、ずーーーーっと我慢してたんですよ。
ゆみ先生
おっしゃるように食べ過ぎないことは大事ですよね。
でももうひとつ大事なことがあるんです。
Bさん
もうひとつ?(身を乗り出す)
ゆみ先生
じつは、血糖コントロールをよくするためには、「何を食べるか」も大切なんですよ。
ちょっと、絵で説明させてくださいね。
(図2を一緒に見る)
ゆみ先生
この絵は、炭水化物、たんぱく質、脂質の3つの栄養素を食べたあとの血糖値の上がり方の特徴を書いたものなんですが、ご覧になって何かお気づきのことはありませんか?
Bさん
う~ん。炭水化物は、食べるとすぐにピュンと上がってから下がってますね。でも幅は狭いな。2時間くらいで元に戻るんですね。それから、たんぱく質は、食べてからゆっくり上がって5時間くらいで落ちてくるし、脂質は、あー高くはならないけど長~い山ですね。7時間以上も元に戻らないんですね(文献1)。
栄養素別食後血糖の変化
図2 主な栄養素の食後血糖値の変化

文献1 医療者のためのカーボカウント指導テキスト「糖尿病食事療法のための食品交換表」準拠. 東京, 文光堂, p.37, 2017

Bさん
炭水化物は食べると急激に血糖値が上がりやすいんですね。
うわ~。私の食事は、炭水化物ばかりでしたぁ。
ゆみ先生
それに、2日目の食事は、炭水化物+脂質が中心ですね。脂質は高血糖状態を長く持続させる作用があるので、炭水化物だけの食事や、炭水化物+脂質中心の食事が、血糖コントロールを悪くした可能性がありそうですね。

炭水化物の単品食べはよくない

Bさん
う~ん、ただ、量を減らせばいいというわけではなかったんですね。
とんだカン違いをしてましたよ。
ゆみ先生
実は、このことに関係がある面白い実験が行われていまして・・・。健康な男性のデータですが、参考になると思います。
Bさん
ほほぅー。(再び身を乗り出す)
ゆみ先生
この実験では、
「白米だけを食べる、いわゆる主食のみ」「主食とたんぱく源のおかずだけ」「主食とたんぱく源のおかずとマヨネーズ」、そして「主食とたんぱく源のおかず、マヨネーズ、野菜の組み合わせ」の4とおりの食べ方をしたときの、食後の血糖値を比べています。すると、いろいろ組み合わせて食べるのが、最も食後血糖値の上がりが緩やかだったという結果だそうです (文献2)。
食後血糖値のようす食品の組み合わせ食材の具体的な内容
最も高くなった主食のみ白米
主食のみより少し下がった主食+主菜白米+豆腐+ゆで卵
主食のみより少し下がった主食+主菜+油脂白米+豆腐+ゆで卵+マヨネーズ
最も低くなった主食+主菜+油脂+野菜白米+豆腐+ゆで卵+マヨネーズ+ほうれん草・ブロッコリー

文献2  Kameyama N et al. Effects of consumption of main and side dishes with white rice on postprandial glucose, insulin, glucose-dependent insulinotropic polypeptide and glucagon-like peptide-1 responses in healthy Japanese men. Br J Nutr. 111 (9), 2014: 1632-1640. を一部改変

https://care.diabetesjournals.org/content/38/10/1820.long

朝食ぬきの落とし穴】

Bさん
炭水化物ばかり、それも単品で食べてたのが良くなかったんですね。おかずや野菜、油もですが、いろいろ組み合わせることが大切なことがよーく分かりました。
ゆみ先生
あと気になるのは・・・・朝ごはんを食べない日がおありですよね。
Bさん
朝はギリギリまで寝ていますからねー。でも食後の血糖は食べなきゃ上がらないんですから、血糖コントロールのためには朝食を抜いたほうがいいんじゃないんですか? 
ゆみ先生
そうおっしゃる患者さんは多いのですが、実は逆なんです。
Bさん
えー!どうして?
ゆみ先生
朝食を抜くと、確かに午前中の血糖値は上がりませんが、問題はそのあとなんです。朝食抜きは、次の食事、例えば昼食後や夕食後の血糖値を著しく上げてしまうんです。
ですから、朝食を食べておくほうが、次の食事のあとの血糖の上がりが穏やかになるんですよ(文献3)。
血糖値のグラフ

文献3  Jakubowicz D, et al. Fasting until noon triggers increased postprandial hyperglycemia and impaired insulin response after lunch and dinner in individuals with type 2 diabetes: a randomized clinical trial. Diabetes Care. 38: 1820-1826, 2015. を一部改変 矢印(↑)は食事時間を表す。

Bさん
そこも間違ってたんですね。
明日の朝からは、必ず食べるようにしますよ。
ゆみ先生
良い事ですね。
Bさん
主治医の先生に、血糖コントロールが悪くなっていると言われた時はショックでしたが、なぜそうなったのかという理由と解決法を教えて頂けて良かったです。炭水化物や単品ものばっかり食べずに、バランス良く食べること、そして朝食を食べることが大事なんですね。
ゆみ先生
そのとおりです!ほかに何か気になることはありませんか?
Bさん
実は今、残業が多い時期だから、帰ったらもうクタクタで、料理なんて作る気にもなりません。こんな生活なので、バランス良く何品もそろえるなんて、とてもできそうにないのですが・・・
ゆみ先生
お仕事が大変な時期なんですね。では、まずは、朝食を食べていただくことから始められませんか。 その次に、売っているお惣菜などでおかずの品数を増やしたり、外食でも単品ものではなく定食を頼むようにするなど、できそうなところから始めてみてはいかがでしょうか。
Bさん
それくらいなら、できそうですよ。
ゆみ先生
次回の栄養相談では、「簡単にバランスの良い食事に整えるための方法」や「どのように食べるとよいか」という工夫点について、実践的にお伝えしますね!

第5回③実践編につづく

おすすめの記事