レジスタントスターチの健康機能

腸内細菌は、レジスタントスターチなどの難消化性炭水化物を主なエネルギー原として活性化・増殖し、発酵により炭素数が数個からなる短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸や酪酸など)を産生します。

短鎖脂肪酸が、ヒトの健康に有益な影響を与えることは多くの研究により明らかにされていますが、中でも注目されているのが酪酸です。酪酸に関する研究は世界中でさまざまな角度から行われており、その秘められた可能性が徐々に明らかになってきています。

酪酸の生理作用をまとめてみました。

  • 腸壁細胞のエネルギー源

大腸の腸壁細胞が必要とするエネルギーの大半(60~80%)は酪酸から得られているとの報告があり、酪酸はこれら腸壁細胞の活性化や増殖促進に極めて重要な役割を果たしていると考えられています。

  • 腸壁細胞の増殖促進

エネルギーを得た腸壁細胞は代謝が活性化するに伴い、増殖も促進されます。

これにより健康な腸内フローラが形成されることになります。酪酸は、大腸が正常に機能するために必要不可欠なものと言えます。

  • 抗炎症効果

酪酸は、腸管上皮を覆い、粘膜バリアとして病原菌などの体内侵入を防ぐ腸粘液の分泌を促進します。このバリア機能が低下すると、大腸組織を保護する役割が保てなくなり、炎症などの疾患リスクが高くなるといわれています。

  • 蠕動運動の促進

酪酸により腸壁細胞が活性化されると、大腸の蠕動運動が促進され、便通改善や肥満予防などの効果が期待されます。

  • 癌化細胞の増殖抑制

酪酸エネルギーを得た腸壁細胞が癌化を抑制するとの報告があります。又、酪酸が癌化細胞の自然死(アポトーシス)を促進させる点に注目している研究者達もいます。酪酸の増加は腸内pHを低下します.酸性化した環境により、腸内の悪玉菌の発育が抑制され、逆に乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌にとって住みよい環境になり、炎症予防や免疫機能の調整など健康効果をもたらします。

  • 水分・ミネラルの吸収促進

粘膜上皮細胞は、水分・ミネラルの吸収促進や、バリア機能を担う粘液の分泌増昇がおこります。これはミネラル不足を補う効果や、水分を吸収促進することによる下痢症状の緩和効果が期待できるとの報告もあります。

このように酪酸がヒトの健康に極めて重要な働きをしていることが明らかになるに伴い、どうすれば体内の酪酸を増やすことができるかに多くの関心が集まっています。

米国では、対外から酪酸それ自体を取り入れて増やすという方法が主流になっているようです。体外で得た酪酸を、カプセルなどに入れて体内に取り入れる、所謂、酪酸サプリが人気を得ているようです。このタイプのサプリは市場に数多く出回り、米国での酪酸への関心の高さがうかがえます。

我が国では、米国のような酪酸自体を取り入れる方法ではなく、酪酸をつくる酪酸菌を取り入れて体内で酪酸を増やすという方法が一般的なようです。酪酸菌は医薬部外品などにも配合されていますが、所謂、酪酸菌サプリ商品が市場の主流になっているようです。他の菌末、例えば乳酸菌やビフィズス菌と一緒に配合した商品なども商品化されています。

これらはいずれも体外から酪酸或いは酪酸菌を取り入れて酪酸を増やすという考え方ですが、近年、注目を集めているのが、体内に棲んでいる酪酸菌を体内で増やすという方法です。酪酸菌が好む栄養原(エサ)をしっかりと与えて、体内の酪酸菌を元気にして、増やすというより自然に沿った方法です。

酪酸菌など善玉菌は炭水化物を好むといわれています。ただ、炭水化物の中でも、大腸まで無事に到達できる、いわゆる難消化性のものでなければなりません。食物繊維、イヌリンや難消化性糖類(オリゴ糖など)があります。その中にあって、近年特に注目されているのが難消化性のでん粉、レジスタントスターチなのです。

でん粉は多様な用途に持続的に使えることから我々の主食を構成している大事な栄養素です。これが難消化性であれば腸内菌の主食としても十分条件を満たすのではないかと期待されています。

レジスタントスターチと酪酸に関する研究も数多くおこなわれていますが、その中から幾つか紹介したいと思います。

レジスタントスターチや難消化性糖質の酪酸産生量を比較した試験報告があります。

スイスの研究者達が行ったこの試験ではレジスタントスターチを含む6種類の難消化性糖類を酪酸菌に与え、酪酸の産生量を時系列的に比較しています。右のグラフが示すように、レジスタントスターチは、他のオリゴ糖などに比べ、酪酸の産生量が極めて多いことが確認できます。

別の研究者達が行った11名の男女被験者による試験では、3週間ずつ毎日40gのレジスタントスターチを摂取したグループでは、摂取しないグループに比べ、酪酸の産生量が倍に増加したことが報告されています。

また、本試験でもpH値はレジスタントスターチ摂取グループで有意な(p<0.01)低下が認められています。

レジスタントスターチは、腸内に棲む善玉腸内菌が最も好む炭水化物系の栄養原であり難消化性という条件も備え、更に、他の糖質に比べ、酪酸の産生量も高いことから、自然な形で体内の酪酸を増やす方法として期待されています。

以下次号へ

おすすめの記事